2014
10月 13

PES2014(17)最終回

敵陣突破

最後まで遊ばないままPES2014は途中で投げ出してしまいました。

一番残念だったのは移籍システム。
どれだけチームに貢献しても残留できないのはどうかと思います。

次々とチームを渡り歩き、
いろんなチームでプレーすることを推奨しているシステムなんだろうけど、
ボクのようにひとつのチームを愛し、
そのチームでずっとプレーしたいと思う人間もいます。

チームへの愛着を裏切るようなそんなシステムでは遊びたくないです。

PES2014全体の感想を述べると、
サッカーゲームとしてはかなりよく出来ていると思います。
パスやドリブルで敵陣を切り裂いたときの爽快感はなかなかのもの。
サイドからのクロスがほとんどキーパーに取られてしまうなど
不出来な部分はいくつかありましたが、
全体的に見るといいサッカーゲームといえるでしょう。

問題はシステム面です。
僕はひとりの選手だけを操作するBALモードですっと遊んでましたが、
おそらくBAL以外のモードも理不尽なことだらけのような気がします。

制作側の思惑があるのでしょうが、
まず弱小からスタートして次々にチームを移籍していってくださいという方式は
ボクは嫌です。
おそらく最初は架空リーグからスタートして、
その後南米リーグ⇒オランダリーグ⇒セリエA
という感じでステップアップさせたい感じの作りになってます。

でもそういうのは大きなお世話なんですね。
セリエAが好きで、デビューから引退までセリエAでプレーしたい人間もいるのです。
ちょっと制作側の思惑を押し付けすぎなのが気になりました。

試合に関しても妙なコントロールが介入してます。
負けてる方のチームが何故か妙に強くなります。

リーグ戦でのACミランより、チャンピオンズリーグの雑魚チームの方があきらかに強いです。
試合展開や大会などで対戦相手の強さが勝手に変更されます。

そのため不自然な点の入り方で負けてしまうことも何回かありました。
有名な「コナミ・エフェクト」というやつですね。

このゲームはそうした余計なお世話が非常に多い。
せっかくよく出来たサッカーゲームを、
変にいじり回して駄作にしてしまった感じ。

よく出来たサッカーゲームだからつい遊んでしまいますが、
イライラさせられたり、残念な思いをさせらることも多い問題作です。

最終評価:40点

2014
8月 9

PES2014(16) さらばPES2014

ユベントスでプレー

あんなに好きだったインテルをクビになった大関君。
2年間大活躍したのに。
チャンピオンズリーグ決勝のレアル・マドリー戦を1-0で勝ったとき、
値千金の点を決めたのは他ならぬ大関君なのに。

でも無常にもこのたびインテルを去ることになりました。

オファー

ユベントスとレアル・マドリーからオファーが来てます。
でも何か嬉しくない。

大関君はやっぱりインテルに残りたかったのだ。
チームのみんなが好きだったし、
サンシーロを愛していたのだ。

ユベントス入団

どれだけ不満をもらしてもゲームは進みません。
大関君は仕方なくユベントスへ移籍。

でも何かやる気が出ない。

PES2014もそろそろ潮時なのかもしれません。
26歳を迎え、これからというときに辞めるのは残念ですが、
どうにもこうにも続ける気が失せてしまいました。

PES2014レポートも次回の最終評価で最終回です。
さらばPES2014。

2014
8月 1

PES2014(15) インテルでの2年間

アタック

8年目・24歳にしてついにビッグクラブへの移籍が叶った大関君。
2年契約なので、じっくり実績を作っていけばいいでしょう。

インテル 俯瞰

それにしても、
インテルは強い。

これまで渡り歩いてきたセリエAの下位チームとは実力の違いを感じます。

ミリート

ベルファ

大関君が何もしなくてもミリートやベルフォディルが、
勝手に点を取ってくれます。

下位チームでは攻撃も守備も忙しかったけど、
インテルならサボっていても勝手に試合に勝ってくれそう。

インテル試合

でもそういうわけにもいかず、
やっぱり頑張る大関君。

するとやっぱり今年も世界最優秀選手に。
メッシとジュニーニョ・ベルナンブカーノを抑えての受賞。

24歳の世界最優秀

インテルの主将

最近はキャプテンの任されるようになりました。

そうこうしているうちに2年目突入。
大関君ももう25歳。
すっかりインテルの主力選手です。

今年の目標はズバリ、チャンピオンズリーグ。
25歳にして大関君もついにチャンピオンズリーグ出場です。

16番

2年目のシーズンにしてチームにフィットしてきたのか、
大関君は大暴れ。

チャンピオンズリーグも勝ちまくって、
ついにファイナル進出。

対戦相手はレアル・マドリー!

レアル戦

整列

そして試合では大関君の一発で見事勝利。
チャンピオンズリーグを遂に制覇しました。

チャンピオンズリーグ制覇

インテルでの2年間は本当に充実してました。
憧れのビッグクラブに入団し、
得点もたくさん取って試合で大活躍できました。

チームメイトの名前もほぼおぼえたし。
このままずっとインテルでプレーしたいなと思いました。

25歳成長

うんざり

しかし2年目シーズン終わりでまさかの出来事。
契約更新ならず・・・

2014
7月 9

PES2014(14) 点を取りまくった結果、シーズン終わりにオファーが

ヴェローナへ

正式アファーで入団したはずのボローニャをあっさりクビになった大関君。

仕方がないので今度はヴェローナへ入団してみました。

7年目

アウェーユニフォーム

ヴェローナでも得点

リヴォルノ
カターニャ
キエーヴォ
ボローニャ
ヴェローナ

これで5チーム目です。
セリエAの下位チームをあちこち渡り歩いている感じになってます。

ヴェローナ ユニフォーム

相撲レスラーというより、
完全に渡り鳥になってしまいました。

コーナーキッカー

なぜかコーナーキックを任されました。
210cmの身長が無駄になるではないか!

たまにゴール前のフリーキックも
蹴らせてもらえるときがあります。

フリーキック

フリーキッカー

そして年末の年間最優秀選手の発表では、
やっぱり大関君が選ばれてました。

メッシとクリロナを抑えての
堂々の受賞。

もはやメチャクチャ。

やっぱり年間最優秀選手

駆け引き

おぼえた技

そうこうしていると、
トレーニングしていた技を一通りおぼえてくれました。

おかげで大関君はますますゴール前では危険な選手へと成長。
点もバカスカ取ります。

ゴールからシュート

どフリー

得点王狙える

残念ながら得点王には少し届かなかったけど、
23歳シーズンは30試合に出場して16ゴール、8アシスト。

過去最高の成績でした。

23歳成長

6年目成績

インテルからオファー

と、シーズン終わりにインテルからオファーが!

他にもローマからも来てます。
やはり得点をバカスカ取ったのが良かったのか。

でもヴェローナからの契約延長の話はナシ。

インテル入団

3年契約のローマを蹴って、
2年契約のインテルを選択。

ジュゼッペメアッツア

ついに憧れのジュゼッペ・メアッツァが我がものに!

2014
6月 21

PES2014(13) 正式アフォーでの入団でボローニャに愛着が

ボローニャの10番

ボローニャで22歳シーズンがスタート。
ポジションは中盤の底だけど、
ガンガン前に出てどんどん点に絡んでいく方針。

ボローニャのゴール前

ハットトリック

おかげでプロ入り初ハットトリックも決めちゃった!

得点ランキング

得点ランキングランキングでもトップと1差。
得点王が狙えるかも!

シュートモーション

シュート

年間最優秀選手

シュートをバシバシ決めていたら、
またもや年間最優秀選手に・・・

このバグやめてほしい。
萎える。

ラッツイォ

と、中間休みの移籍期間に、
同じセリエAのラッツィオから申し込みが。
しかも3年契約。

うーん悩む。
というのも、ボローニャの本拠地はエディットで浦和スタジアムにしてある。
この競技場は影が出来ると非常に見にくい。

ウチのPCディスプレイはグレアパネルだから、
暗い日影部分は反射でよく見えないんだよね。

浦和は影で見にくい

ボローニャというチーム自体は気に入っているけど、
浦和スタジアムのせいで移籍が頭をよぎってしまいます。

でもせっかく10番を任されているのだから、
やっぱりボローニャでプレーしようと思います。
今のところレギュラーとして試合にもたくさん出られているし。

ドリブル

交錯

ラッツィオからの誘いを断ってリーグ戦後半も
ボローニャの10番として大ハッスル。

おかげでチームは3位でフィニッシュ。
来季のチャンピオンズリーグ出場が決まりました。

ボローニャ3位

大関君は9アシストでアシスト王に!
22歳にして念願の初タイトル。

10番の責任を果たせた思いです。

アシスト王

セリエAのベスト11

初めてセリエAのベスト11にも選出されました。
ボランチではなくトップ下として選ばれたようです。

6年目成績

6年目成長曲線

過去最高の27試合出場を果たし、
11ゴール9アシスト。

今年の練習メニューは特殊能力取得に力を入れていて、
ワンタッチパスなどいろいろな技を取得出来ました。

非常に充実したプロ6年目のシーズンといっていいでしょう。

あとは無事ボローニャに残留出来れば万々歳なのですが・・・

6年目も残留ならず

やはりというか、
案の定というか、
またもや契約更新とはなりませんでした。

オファーを受けての正式入団だっただけに、
今回こそはイケると思ってたけど、やっぱりダメでした。

チームにも愛着が湧いてきたところだったのに。
ラッツィオの誘いを断ってまで残ったのに。

なんだか裏切られた気持ちでいっぱいです。

成績は文句なしのはず。
チームは3位と大躍進。
アシスト王も獲りました。
なのにいったい・・・

本当にこのゲーム大丈夫か?

2014
6月 10

PES2014(12) ワールドカップの明暗

ワールドカップ予選

今年はワールドカップの年。
シーズンが終わるとワールドカップがスタート。

日本は、
イタリア・ウルグアイ・スウェーデン
と同組に。
セリエAの大関君としてはイタリアとの対戦は感慨深いものがあります。

代表メンバー

ワールドカップ スタメン

ワールドカップ試合

ちょっと厳しい組に入ったなという印象でした。
でもそんな心配は無用。
日本代表の強いこと強いこと。

本田が点を取りまくり、
予選は3戦全勝で突破。
失点はゼロで余裕の通過でした。

ワールドカップ予選突破

決勝トーナメント1回戦はスコットランド。

これは余裕だなと思いました。
でもまさかの展開。

なんだか妙に強い。
大きな大会になればなるほど相手がいつも以上に強くなるという
調整をしてるのでしょう。
予選で戦ったイタリアよりはるかに強かった。

本田のシュートもことごとく相手キーパーに止められてた。

スコットランド戦 PK

結局試合は0-0のままPK決着へ。
そしてあっさり敗退。

トルコやパラグアイに負けてベスト16で姿を消した
本物の日本代表と同じような結果に。

5年目成績

こうして大関くんの5年目は終了。
出場試合数は去年を下回ったけど、
6ゴールはデビュー以来最高の成績。
成長もやや停滞気味。

5年目成長曲線

シーズンが終わったあともジェノアから契約延長の話は出ず、
またもや放出されることになった感じ。

でもしかし、
なんとセリエAのボローニャからオファーが!

ついにアファーが

もう迷わずボローニャ入団を決めました。
これまで変な架空リーグとかブラジルリーグとかからしか
アファーは来ませんでした。

しかし今年は初めてプレミアリーグとセリエAからお誘いが来た。
条件面ではプレミアのチームの方がいいけど、
やはりここは憧れのセリエAを選択。

はじめて正式に入団交渉でチームを移籍することとなりました。

ボローニャ加入

大関君ももう22歳。6年目のシーズン。
練習メニューをはじめて変更することに。

これまでは基本練習のみだったけど、
ここらで特殊能力にポイントを振ってみます。

主にシュート系の技が欲しいですね。

先週メニュー変更

10番

なんと大関君、10番をもらいました。
自分で希望の番号などは選べない仕様だから、
監督が決めたのでしょう。
期待の高さを感じます。

2014
5月 15

PES2014(11) ジェノアで大暴れ!でも気分が乗らない

やはり放出

26試合出場と例年の倍ぐらい使ってもらえた大関君。

でもシーズン後にやはり例の「所属チームが決まってない」という表示が。

ジェノアへ

仕方ないので今度はジェノアに入団。
なぜジェノアを選んだのかというと、
もちろん昔カズが入ったチームだから!

どうやら来たオファーを全部断って所属チームがない状態で来シーズンに突入すれば、
どこでも好きなチームに行けるもよう。
バグ?

オファーを断らずに保留にしておくと、
その中から来シーズンの所属チームが決まるのだと思います。

なんだか変なPES2014の仕様に戸惑いつつも、
加入したジェノアでカズのごとく積極的にゴール前に駆け上がる大関君。

スルーパスに反応

ジェノアのユニフォーム

ジェノアでゴール

9.0を叩き出す

カリアリ戦では2ゴール1アシストの大暴れ。
評価点は9.0を叩きだしました。

デビュー以来の最高点!

ジェノア3位

こうした大関君の活躍もあり、
ジャノアは3位でシーズン終了。
チャンピオンズリーグ出場を決めました。

しかしどうも嬉しくない。

というのも、このままこのチームに残れるかわからないから。
チャンピオンズリーグ出場が決定しても、
残留できないなら大関君は出れません。

そういうこともあって、
シーズン中もどうも気持ちが乗りきれないまま過ごしてました。

どうもチームに愛着が持てないというか・・・

正式なオファーがあって加入したチームじゃないからね。
しょせんレンタル移籍感覚なので、
自分がジェノアの一員という気がしない。

2014
4月 20

PES2014(10) キエーヴォに愛着が湧いてきた

キエーヴォのユニフォーム

レンタル移籍なんだと自分に言い聞かせ、
いつの日かリヴォルノに戻る日を夢見て邁進する大関君。

キエーヴォでシュート

仲間が駆け寄る

ゴール正面から放ったシュートが見事に決まり、
仲間に祝福されました。

それしても大関君、
やっぱりデカイ。

新天地キエーヴォでは割りと試合に出れています。
大関君が成長してきたというのもあるのでしょう。
もう20歳です。

それにチームがダブルボランチを採用していて、
それで大関君も出やすい状況なのかもしれません。
出ても途中交代で下げられることも多いですが。

なぜか最優秀選手

と、不可解な出来事が。
大関君が年間最優秀選手に!

何これ?
バグ?
このゲーム大丈夫か?

果敢なスライディングタックル

仕方がないのでヤングプレー大賞か何かを受賞したということにして、
必死に脳内補完。

果敢なスライディングタックルを食らわす日々が続くのでした。

そしてついにワールドカップのアジア予選がスタート。

アジア予選開幕

代表フォーメーション

フォーメーションはこんな感じ。
本田のワントップで、トップ下には韮崎(中田?)が入ります。
大関君は青山とのコンビでダブルボランチに。

代表戦でももちろんスライディングタックルだー!!

代表でもスライディング

イタリアカップ優勝

今年はかなりやれた一年でした。
イタリアカップも優勝。

大関君は大会MVPに輝きました。

イタリアカップMVP

今年はワールドカップのアジア予選があります。
大関君も日本代表として予選を戦いました。

でも日本代表強すぎ。
とくに本田と香川が凄い。
点を取りまくる。

本田

1時予選突破

おかげで予選は危なげなく余裕で突破。
めでたく日本代表はワールドカップ出場を決めました。

こうして4年目のシーズンを終えた大関君。
成長曲線もしっかり伸びてます。

4年目成長

4年目成績

キエーヴォでは26試合に出場と過去最高の起用数。
もしかしてレギュラーを獲ったのでは?
今度こそ残留かも。
たくさん試合に使ってもらってキエーヴォというチームにも
愛着が湧いてきました。

リヴォルノに戻らず、
このままキエーヴォに残りたいという気持ちが出てきたけど・・・

2014
4月 3

PES2014(9) 大関君にまたもや試練!ふたたびレンタル移籍へ

3年目の成績

プロになってはや3年。
大関君も順調に成長を遂げています。

3年目のシーズンは12試合に出場。
1ゴール2アシストという成績でフィニッシュ。

リヴォルノも8位とまずまずの成績。
もうちょっとでヨーロッパカップに出れそうな成績でした。

3年目のリヴォルノ

今度こそチームに残れるのではないか?

そんな期待を胸にシーズンオフを迎えました。
でもまたもや大関君に試練が!

ふたたび「所属チームが決まってません」という非情な報告。
バグか何かではないだろうか。
あんなにチームに貢献したのに。

キエーヴォへ

というわけで、
4年目は同じセリエAのキエーヴォでプレーすることに。
またもやレンタル移籍なんだと自分に言い聞かせて、
脳内補完しないといけなくなりました。

キエーヴォデビュー戦

キエーヴォのユニフォーム

でもいつまでも落ち込んでもいられない!
新天地でさらなるレベルアップを図り、リヴォルノに戻るのだ。

もう大関君も今年で20歳。
成人です。

いつまでも渡り鳥ではいけないと思う。

2014
3月 22

PES2014(8) 日本代表としてアジアカップに臨む

代表でアジアカップに

3年目の終わりにはアジアカップがあった。
大関君も見事代表入り。

チームの一員としてまず予選リーグ3戦を戦いました。

試合アジア

アジアのレベルははっきり言って低いです。
普段やっているセリエAに比べたら、
攻撃も守備もかなりユルい感じ。

アジアカップで得点

大関君もきっちり得点を決めてチームに貢献。
そのまま危なげなく日本代表はアジアカップを優勝!

アジアカップ優勝

大関君は大会MVPに。
もちろんベストイレブンにも選ばれました。

3年目はリヴォルノでも日本代表でも、
けっこういい仕事が出来た気がします。

今度こそチームに残留出来たらいいんだけど。

アジアカップMVP

アジアカップベストイレブン