2012
5月 24

Mount & Blade: Warband(2) 三国無双みたいなアクションゲーム

Mount & Blade: Warband(2) 三国無双みたいなアクションゲーム

Mount & Blade: Warbandがどのようなゲームかといえば、
中世のヨーロッパを舞台にした立身出世アクション。

ただの町人からスタートして、
山賊退治をしたりしながら自分の部下を増やしていって、
いずれは天下獲りを目指すという内容。

なんとなく光栄の『太閤立志伝』に似ている。
あれのヨーロッパ版ともいえるかもしれない。

そして戦闘部分は完全なアクションゲーム。
光栄の『三国無双』みたい。
部下たちに指示を出しながら自分も剣を持って戦うのだ。

Mount & Blade: Warbandの面白いのはこの無双ふう戦闘部分。
100人対100人ぐらいの敵見方が入り乱れての大乱戦になる。

この戦闘パートはまさにド迫力!
馬に乗って駆け巡っていると本当に戦争に参加しているような気分。

『三国無双』と違って自分はそれほど強くないので、
一騎当千というわけにはいかない。
敵に囲まれたらあっさりと殺されてしまう。

そのあたりのリアリティーが、
本当に合戦に参加している感につながっているのだろう。
いつやられるかわからない緊張感が満点なのだ。

戦場もバリエーションに富んでいて楽しい。
馬が駆け巡る大草原もあれば、
歩兵が活躍する山岳地帯での合戦もある。
砂漠地帯や雪が積もる寒冷地区などもある。

攻城戦もあり、攻めるのも守るのも野戦とは違った戦略が必要になってくる。

ひとつひとつの戦闘の時間が少し短めなのがちょっと惜しいけど、
この戦闘パートはかなりよく出来ていると思う。
やっていて単純に楽しい。

『太閤立志伝』+『三国無双』なゲームなので、
光栄が好きな人にはピッタリなのだろう。