2012
9月 20

S.T.A.L.K.E.R.: Shadow of Chernobyl(5) クソゲー要素:話しかけにくい

S.T.A.L.K.E.R.: Shadow of Chernobyl(5) クソゲー要素:話しかけにくい

珍しく空が晴れわたっていたので写真を撮ってみた。
ずっと曇り空だったので青空がまぶしいぜ。

このゲームの雰囲気は独特だ。
なんともいえない暗さがある。

空がいつも曇っているのもあるし、
廃墟や廃車をよく見かけるというのもある。

死体もよく目にする。

死体

何気に手前と奥に死体が一体ずつ転がっている。
それを気にする素振りも見せない見張りの兵士。
ZONEでは日常的な光景だ。

ひとつこのゲームで困るのは当たり判定が狭いこと。
死体から持ち物を剥ぎ取ろうとしても微妙にずれているために
うまく拾えないケースがある。

死体 拾う

兵士に話かけるときやお店の人と会話するときも苦労する。
なぜこんなに当たり判定を狭くしたのかナゾだ。

さすがクソゲー要素も満載と噂されるS.T.A.L.K.E.R.: Shadow of Chernobyl。