2013
1月 31

Far Cry 3(6) 前半最大の山場の麻薬畑焼き

Far Cry 3(6) 前半最大の山場の麻薬畑焼き

おそらく前半最大の山場を思われるミッションを依頼された。
敵の麻薬畑を焼いて来いというやつだ。
グランド・セフト・オートにも同じようなミッションがあったことを思い出した。

現場に到着すると意外と狭い。
敵の見張りも2人だけ。
あと番犬が2匹。

楽勝ではないか。

作業をはじめると軽妙な音楽が鳴り始める。
ミッション中に特別な音楽が流れるなんて初めてだ。
さすが前半最大の山場。

敵も少ないので簡単に畑を全部焼く尽くす。
やはり楽勝だ。
火炎放射器の燃料も丁度足りた。

と、思っていたら。
第二畑があるからそちらも焼けと命令される。
入ってみるとそこには広大な麻薬畑が・・・

このミッションの本番はここからだった。
さっきまでのヤツは予行練習みたいなものだろう。
今度は畑がデカいし、敵も大量に湧いてくる。

敵をやっつてもやっつけても新手が現れる。
キリがない!
もしかして無限に湧くのか?

敵を全滅させてからゆっくり畑を焼こうと思っていたけど
無限に湧くならそんなこと言ってられない。

火炎放射器の燃料は小屋に置いてあったのでそれを補充。
もう敵は無視して強引に畑を焼いていった。
近づいて来る敵ごと焼いていく感じ。

俺にさわると火傷するぜ状態だ。

その戦法で全部の畑を焼き尽くすと、
逃げるボートをロケットランアチャーで撃破するミッションが最後に待っている。

はじめは何をやればいいのかわからず
遠さがっていくボートをボーと眺めていてミッション失敗。
直前からやり直しに。

二回目はもう何をやればいいのかわかってるので
あっさりクリア。

このFar Cry 3では何をやればいいのか作者の意図を読まないといけないような
ミッションがたまにある。
もうちょっとわかりやすくして欲しいところだ。