2013
2月 10

Far Cry 3(7) やはり弓矢よりスナイパーライフル

Far Cry 3(7) やはり弓矢よりスナイパーライフル

敵の麻薬畑も焼いてどんどんゲームを進めていっている。

これまで狙撃用に使ってきたのは弓矢だ。
動物などを狩る時は気分が出ていい。

Screenshot0000

しかしやはりだんだんきつくなってきた。
ゲームが進み難易度が上がってくると弓矢では威力が足りないし、
射程距離も物足りなく思えてきた。

だからここに来てついに狙撃用武器をスナイパーライフルに変更することに。

Screenshot0008

スナイパーライフルを使うミッションがあったのだが、
そのときにあらためてその威力や射程距離の長さに惚れ惚れした。

弓矢とは使い居心地がやはり違う。
文明の利器を利用しない手はないと思えてきた。

それでここからは遠距離用にスナイパーライフルを使っていくことに。
弓矢の原始的なムードも捨てがたいのだが、
やはり便利さを考えるとこのへんが潮時ではないだろうか。

現在の使用武器は、

狙撃用 スナイパーライフル
接近用 ショットガン
接近2 火炎放射器
破壊用 グレネードランチャー

この4つを使用中だ。
接近戦はほぼショットガンのみ。

以前はアサルトライフルも使用していたけど当てにくい。
どうしても敵に攻撃を当てたいときは最近は火炎放射器を使う。
これが一番確実に当たる。
当たらなくても回りが炎に包まれるので敵にダメージを与えやすい。

接近戦はこのショットガンと火炎放射器を使い分ける感じだ。
狙撃用はスナイパーライフルに変更。
敵の自動車が登場したらグレネードランチャーでドカン!
ロケットランチャーより使い勝手がいい。
熊とかのタフな猛獣にもグレナードランチャーを使えば一発だ。

さらに、敵のアジト攻略でよく利用するのが手榴弾。
敵が固まっていたらとりあえず手榴弾を放り込んでみる。

うまく敵をやっつけれたときの気持ち良さは格別だ。