2012
5月 31

Mount & Blade: Warband(5) 町の中での戦闘

Mount & Blade: Warband(5) 町の中での戦闘

町が盗賊に荒らされているらしい。
「助けてくださいお侍さま」

というわけでやってきました、砂漠の町。

町に入ると味方部隊が勝手に暴走して盗賊連中に突っ込んでいく。
ちょっと待てよ。と言いたい。

仕方ないので全員に突撃命令。
狭い町の中で敵味方入り乱れての大混戦に。
こういった狭い場所では自慢の騎馬部隊も形無し。
自由に身動きがとれず盗賊連中のいい標的じゃないか。

歩兵部隊と弓部隊が頑張って
盗賊どもをバッタバッタとなぎ倒す。

大将である自分は馬上から高みの見物である。
うちの部隊強いな~

自分は騎馬なので街中ではあまり戦闘に加わらない方がいいようだ。
馬を走らせるとすぐに民家や木にぶつかってしまって、
まともな戦闘にはならない。

やはり騎士様は荒野が似合うのさ。
平原での戦いではちゃんと活躍するから、
こういった狭いところでは歩兵と弓ヨロシク!

それにしても、
部隊への行動指示というのが難しい。
自分を動かすのはもうずいぶん慣れてきたけど、
味方を自由自在に操るというのはまだまだ先のようだ。

なぜか勝手に敵に突撃する騎馬や、
いつまでたっても戦闘に加わろうとしない兵士とか。

味方への指示はいくつかボタンを押さないといけないので
操作自体がややこしい。
もう少し簡略化できなかったのだろうかと思ってしまう。

しかし話によれば、
前作ではもっと単純な操作だったらしい。
今作で味方の指示もパワーアップしたのだとか。
前作からやっている人にとってはこれでいいのかもしれない。
慣れてない人間には随分複雑に感じるのだが。