2013
3月 18

Far Cry 3(10) もう塔の攻略はやめました

Far Cry 3(10) もう塔の攻略はやめました

このゲームのは2つの島がある。

現在は前半の島を終えて後半の島に来ている。
前半よりミッションの難易度が上がってる感じで、
ナイフで暗殺ミッションなども標的が2人いたりして結構てこずる。

各地域にある塔の開放もなんだかややこしくなってきた。
単純に登っていけばいいのではなく、
だんだんアスレチック要素が強くなっている。

farcry

しかし困るのは、
このFar Cry 3というゲームは視界が狭くて、
周りの状況がよく見ないということ。
足もとが見えないゲームなのに何かに躓いて前に歩けないことなどもよくある。

足もとが見えないのに塔を登っている途中で足を踏み外して
落下してしまうことが増えてきた。

後半の島に来てから塔の攻略がだんだん鬱陶しく思えてくる。

farcry map

というワケでもう後半は塔に登るのはやめた。
マップが見れないままだけど仕方がない。
武器ももらえなくなったけど現在の武器でなんとかなるだろう。
サブミッションも一部のものが出てこなくなるけど仕方がない。

それだけ後半の塔にはイライラさせられるということだ。
FPSでアスレチックをやらされても全然楽しくないのだ。
だって足もとが見えないゲームなんだから。
近くのものが見えないゲームなのだから。
それでパズルのような塔を登っていくのは無理があると思う。

farcry3 (3)

そんなワケでもう後半はもうメインミッションばかり進めてる。

戦闘も難易度が上がってきたが、
接近戦にならないよう近づかれる前に倒せばまだ何とかなる感じ。

2013
3月 3

Far Cry 3(9) やることが決ってきてダレ気味

Far Cry 3(9) やることが決ってきてダレ気味

ゲームも中盤だ。
このあたりでお世話になるのはこの男だ。

コイツのナイフ探しミッションがメインとなる。
ナイフを探してあちこち行かされる。

このナイフミッションを全部クリアできると新たな展開が待っている。

Screenshot0016

生き残っている仲間を無事全員みつけることが出来た。
でも主人公にはまだやることがあるので、
みんなとは別行動をとることに。

もうひとつの島に渡り敵のボスを殺す。
それまでは帰ることは出来ないのだ。

Screenshot0017

このFar Cry 3というゲームもやることがだんだんマンネリ化してきている。

塔の開放
敵アジトの征圧
狩りミッション
ナイフで暗殺ミッション

やることはこの4つだ。
これを繰り返していくことになる。
この合間にメインミッションを進めていく感じ。

はじめはいろいろやることがあって楽しいと思えたが、
中盤あたりからワンパターンに思えてきた。

オープンワールドなのだからもっと自由に何かをやりたいと思ってしまう。
いまひとつ大暴れできていない感じがしてならない。
もうちょっとロールプレイングゲームのような要素が欲しいところだ。

2013
2月 20

Far Cry 3(8) 視界が悪すぎて接近戦にすごく弱い

Far Cry 3(8) 視界が悪すぎて接近戦にすごく弱い

このゲームは車の運転が難しい。
キーボードとマウスでは上手く運転できない。
ゲームパッドならマシなのかもしれない。

そんなワケで車を運転しないといけないサブミッションは全部やっていない。
補給物資を届けるやつとかいろいろあるのだが、
全部無視だ。

しかしメインミッションでたまに車を運転しないといけないミッションがあるので困る。
車がジャングルに突っ込んでしまってミッション失敗になってしまう。
目的地がけっこう近いからまだなんとクリア出来ているが、
もしこれから遠くまで行かないといけない運転ミッションがあったらどうしよう・・・

このゲームをやっていてもうひとつ困るのが視界の狭さ。

とにかくまわりの状況がよく見えない。
そのわりには鉄塔に登っていくようなアクションをよくやらされる。
足もとが見えないゲームにそうしたアクションは合わないと思うのだが。

視界が狭いので接近戦もものすごく弱い。
犬とかが襲ってきてくっつかれたらもうお手上げだ。
すぐそばにいる敵ほどよく見ない。

暗殺系のゲームなのに近くの敵が見えないのは致命傷だろ。
敵に接近してナイフで暗殺みたいなシーンが多いゲームなのに。

やはりそうした暗殺ゲームは自分の姿が見える三人称タイプがよく合うということだろう。
FPSはスナイパーライフルで遠くの敵をやっつけるのに向いているのだ。

接近戦とか、塔を登っていったりするアスレチック要素などとは
全然マッチしないシステムだと思う。
ゲームのコンセプトとシステムが合ってない感じがしてならない。
そう考えるとメタル・ギア・ソリッドなどは正しいシステムだったのだろう。

2013
2月 10

Far Cry 3(7) やはり弓矢よりスナイパーライフル

Far Cry 3(7) やはり弓矢よりスナイパーライフル

敵の麻薬畑も焼いてどんどんゲームを進めていっている。

これまで狙撃用に使ってきたのは弓矢だ。
動物などを狩る時は気分が出ていい。

Screenshot0000

しかしやはりだんだんきつくなってきた。
ゲームが進み難易度が上がってくると弓矢では威力が足りないし、
射程距離も物足りなく思えてきた。

だからここに来てついに狙撃用武器をスナイパーライフルに変更することに。

Screenshot0008

スナイパーライフルを使うミッションがあったのだが、
そのときにあらためてその威力や射程距離の長さに惚れ惚れした。

弓矢とは使い居心地がやはり違う。
文明の利器を利用しない手はないと思えてきた。

それでここからは遠距離用にスナイパーライフルを使っていくことに。
弓矢の原始的なムードも捨てがたいのだが、
やはり便利さを考えるとこのへんが潮時ではないだろうか。

現在の使用武器は、

狙撃用 スナイパーライフル
接近用 ショットガン
接近2 火炎放射器
破壊用 グレネードランチャー

この4つを使用中だ。
接近戦はほぼショットガンのみ。

以前はアサルトライフルも使用していたけど当てにくい。
どうしても敵に攻撃を当てたいときは最近は火炎放射器を使う。
これが一番確実に当たる。
当たらなくても回りが炎に包まれるので敵にダメージを与えやすい。

接近戦はこのショットガンと火炎放射器を使い分ける感じだ。
狙撃用はスナイパーライフルに変更。
敵の自動車が登場したらグレネードランチャーでドカン!
ロケットランチャーより使い勝手がいい。
熊とかのタフな猛獣にもグレナードランチャーを使えば一発だ。

さらに、敵のアジト攻略でよく利用するのが手榴弾。
敵が固まっていたらとりあえず手榴弾を放り込んでみる。

うまく敵をやっつけれたときの気持ち良さは格別だ。

2013
1月 31

Far Cry 3(6) 前半最大の山場の麻薬畑焼き

Far Cry 3(6) 前半最大の山場の麻薬畑焼き

おそらく前半最大の山場を思われるミッションを依頼された。
敵の麻薬畑を焼いて来いというやつだ。
グランド・セフト・オートにも同じようなミッションがあったことを思い出した。

現場に到着すると意外と狭い。
敵の見張りも2人だけ。
あと番犬が2匹。

楽勝ではないか。

作業をはじめると軽妙な音楽が鳴り始める。
ミッション中に特別な音楽が流れるなんて初めてだ。
さすが前半最大の山場。

敵も少ないので簡単に畑を全部焼く尽くす。
やはり楽勝だ。
火炎放射器の燃料も丁度足りた。

と、思っていたら。
第二畑があるからそちらも焼けと命令される。
入ってみるとそこには広大な麻薬畑が・・・

このミッションの本番はここからだった。
さっきまでのヤツは予行練習みたいなものだろう。
今度は畑がデカいし、敵も大量に湧いてくる。

敵をやっつてもやっつけても新手が現れる。
キリがない!
もしかして無限に湧くのか?

敵を全滅させてからゆっくり畑を焼こうと思っていたけど
無限に湧くならそんなこと言ってられない。

火炎放射器の燃料は小屋に置いてあったのでそれを補充。
もう敵は無視して強引に畑を焼いていった。
近づいて来る敵ごと焼いていく感じ。

俺にさわると火傷するぜ状態だ。

その戦法で全部の畑を焼き尽くすと、
逃げるボートをロケットランアチャーで撃破するミッションが最後に待っている。

はじめは何をやればいいのかわからず
遠さがっていくボートをボーと眺めていてミッション失敗。
直前からやり直しに。

二回目はもう何をやればいいのかわかってるので
あっさりクリア。

このFar Cry 3では何をやればいいのか作者の意図を読まないといけないような
ミッションがたまにある。
もうちょっとわかりやすくして欲しいところだ。

2013
1月 25

Far Cry 3(5)行方不明の恋人より気になるイノシシの居場所

Far Cry 3(5)行方不明の恋人より気になるイノシシの居場所

博士のところにいたのは恋人ではなく女友達の方だった。
仕方がないのでふたたび恋人の行方探しを再開・・・

と、思ったけど恋人より気がかりなものがあった。

それはズバリ、イノシシの皮!
このゲームではフィールド上にいる野生動物を狩って
その皮でバッグやフォルスターなどを自作する。

お金も最初は2,000ドルまでしか持ち歩けないが、
大きめの財布を作れば4,000ドルまで持ち歩けるようになるのだ。

最初はひとつの武器しか携帯出来ないけど
動物の皮を入手すれば予備の武器を持ち歩けるようになる。

で、もっかの悩みはすぐに弾切れを起こしてしまうことだった。
予備の弾薬を持ち歩ける数が少ないのだ。
イノシシの皮があれば今の倍の予備弾薬を持てるようになるのに。

しかしその肝心のイノシシがどこにもいない。
イノシシを発見したと思って弓矢で狩ってみるとブタだったということが何度かあった。
ブタはもういらないのだ。
今の俺に必要なのは予備の弾薬なのだ。イノシシなのだ。

というわけで恋人探しは一時中断してイノシシ探しを開始。
でもどこにもいない。
発売されたばかりのゲームなのでwikiもまだない。

困った。

こんなときは2ちゃんねるだ。
レスを見ていくと俺と同じようにイノシシの居場所がわからず嘆いている奴がいた。
そして親切に居場所を教えてくれている人もいた!

どうやらイノシシはまだ行ったことがないマップに生息している模様。
最初のマップの真下のマップにいるようだ。

俺は準備を整え未知のマップへ踏み込んでいった。

高い山がそびえていたり、凶暴な猛獣が生息していたりで、
なんだか難易度の高い地域だ。
途中で何度か戦闘に合ったので弾がどんどん減っていく。
もう弾切れ寸前だ。

そんな苦労を乗り越え危険地帯を突き進み、なんとかイノシシ生息ポイントに到着。

島のほぼ南端だ。
すぐそこはもう海。

Screenshot0003

そしてついにイノシシをしとめたぜ!

これでやっと持てる弾薬が増える。

Screenshot00052

弾がたくさん持てるようになるとけっこう戦闘が楽になった。
バンバン弾を撃てるから。

その勢いで恋人とも無事再会!

2013
1月 14

Far Cry 3(4)恋人を捜して博士のもとへ

Far Cry 3(4)恋人を捜して博士のもとへ

博士のところでかくまわれているという恋人と合流すべく、
新マップへ向かう。

でもその前に、せっかだからいろいろ島を見て回ろう。

Screenshot0013

おや、面白そうな物を発見!
乗っちゃえ!

Screenshot0014

Screenshot0016

墜落・・・

Screenshot0016

Screenshot0006

海を歩いているとマリンジェット発見!

Screenshot0007

乗っちゃえ!

Screenshot0009

ジープにも乗っちゃえ!

Screenshot0022

途中でトラも仕留めた。

お気に入りの武器は弓矢。
FPSゲームでもあまり見ない武器なので新鮮な使いごこち。

あと接近戦はやはりショットガン。
中距離ならアサルトライフル。
敵が一箇所に固まっていたらもちろん手榴弾をでドカン!

Far Cry 3(4)恋人を捜して博士のもとへ

綺麗な景色だ。

Screenshot0020

FPSタイプで困るのは崖とか登るとき。
どアップすぎて逆によく見えない。
崖を上手く登れないときでもナゼ登れないのかがわからない。
どこで滑っているのかがわかりずらい。

物事はやはり俯瞰しないとよく見えないということか。
せっかく大自然が舞台なのに自分のまわりの状況がわかりずらいゲームだ。
接近戦も視界の狭さで苦戦する。
大トカゲとか狼とかに接近されると全然見えなくなる。
灯台もと暗し状態になってしまうのだ。

Screenshot0025

で、やっと博士のところに行くと恋人の・・・
あれ、別人だ。

2013
1月 5

Far Cry 3(3)意外に戦闘で苦戦してしまった

Far Cry 3(3)意外に戦闘で苦戦してしまった

ついにギャングどものアジトを襲撃するミッションだ。
これを待っていたぜ!

協力者たちと車2台で向かう。
しかし現場に着くと主人公だけで行けと言われる。
一緒に来てくれないのか?

仕方なくひとりで行動。
アジトには4人ぐらい敵のギャングがいるではないか。
たったひとりでどうしろと?
チャチなピストル一丁しか持ってないのに。

Screenshot0007

ひとりで突っ込み戦闘を始めると協力者たちが駆けつけてくれた。
それなら初めからみんなで行こうよ。

しかしこの協力者たちがけっこうよく死ぬ。
協力者がひとりでも死んだらミッションは失敗になり、また初めから。
おかげで何度かやり直すハメに。

自分自身もたまに死んでしまう。意外に戦闘は難しい。
2ちゃんねるでは戦闘がヌルいと言われていたのに。
みんな上手いんだろう。
俺には難しく感じる。

戦闘中に変なお知らせが表示されるのもウザい。
FarCry3はシステム面でダメな部分がけっこう目立つ。
洋ゲーだから仕方がないのかも。

Screenshot0008

苦労しつつも10回目ぐらいでなんとか敵の殲滅に成功。
敵拠点の征圧が完了した。
恋人の姿は見えないけど。彼女は何処に?
でも新しいミッションなどが受けられるようになった。

そして何より嬉しかったのは、
ついに念願のセーブを行えたこと。やっと出来た。
これからこうしていつでも自由にセーブできるようになればいいのだが。

2012
12月 28

Far Cry 3(2) システムに不安を感じる

Far Cry 3(2) システムに不安を感じる

ゲームの舞台は自然豊かな南の島。
そこに遊びに来た若者グループ。
しかし一見のどかなこの島はギャングたちの巣窟だった!

というストーリー。

ギャングに捕まった主人公は命からがらアジトを脱出。
でもまだ他の友人たちは捕まったまま行方がわからない。
こうして主人公の冒険がはじまる。
当面の目標は友人たちの捜索だ。

そして上の画像が最初の町。
町というよりは集落だな。
丘の上に建つ電波塔のスイッチを入れてきてくれと頼まれる。
これは難なくクリアできる。

次は狩猟のミッション。
野生動物の狩りを頼まれる。
これも難なくクリア。

その次のミッションがいよいよ主人公の恋人が囚われているアジトの襲撃だ。

しかし不安要素がここで出てきた。
まだセーブを一回もさせてもらえてない。
オートセーブのみ。
死んでもそのオートセーブポイントからやり直せるけど、
自由にセーブできないのは不自由だ。

武器などを購入したときも強制的に上書きセーブが行われる。
失敗とかやり直しが許されないセーブシステムだ。
大暴れゲームには合わないような気がするのだが・・・

とにかく早くセーブがしたい。そう何度も思ってしまった。
このゲームのシステム面にはいろいろと少し不安を感じる。
例えば操作性。
ステータスなどを確認する画面の操作性の悪さは異常だ。
この部分はかなり参る。なんとかして欲しかった。

当たり判定

さらに洋ゲーにありがちな当たり判定の狭さ。
死体からアイテムを回収するときに苦労する。
目の前に死体があるのに回収ボタンがなかなか表示されないのだ。
ちょっとでもズレていたらもうダメ。
なぜ当たり判定をここまで厳密にする必要がある?

評判がいいゲームだったが、
序盤で早くも不満が噴出!

2012
12月 18

Far Cry 3(1)無難にuplayで購入する

Far Cry 3(1)無難にuplayで購入する

発売したばかりのPCゲームを購入するのは久ぶりだ。
いつもならある程度MODなどが出揃うまで手は出さないのだ。

とくに洋ゲーは日本語化の問題があるので、
しばらくは様子を見ることにしている。

しかしこのたび『Far Cry 3』を買ってしまった。
まだ発売されて1ヶ月も経っていない新作だ。
というのも早くも完全日本語化のパッチが出ていたから。

それにこのゲームは2ちゃんねるなどですこぶる評判がいい。
2012年度No.1ではないかと呼び声が高いし、
神ゲームと評価している輩もチラホラいやがる。

それで購入に踏みきった次第。

ジャンルとしてはオープンワールド。
けっこう俺の好きなジャンルだ。
我が生涯ベスト1はグランド・セフト・オートのSA。
やはり自由に大暴れ出来るゲームが一番面白い。

このFarCry3は南の島で大暴れするFPS型オープンワールドらしい。
グランド・セフト・オートの南国孤島版みたいな感じだろう。

しかし俺の脳裏に不安がよぎる。
それはFPSだということ。つまり視点は一人称だ。
グランド・セフト・オートのような3人称ではない。

俺はこの1人称が実はあまり好きではない。
まず視界が悪い。敵が近くにいても気づかないぐらい視界が効かないのだ、
一人称視点というのは。

そして酔う。3D酔いする俺としてはつらいものがある。

だからいまだにスカイリムもフォールアウトもやっていない。
オープンワールドは好きだけど一人称タイプは嫌いなのだ。

それなのにバリバリ一人称タイプのFarCry3を買ってしまった。
あまりに評判が良かったから。
さらに紹介の画像などを見るとすごくグラフィックが綺麗だった。

果たして俺の期待と3D酔いの行方はいかに!?

ちなみに今回はsteamではなくuplayというメーカー直販みたいな店でダイレクトに購入。
steamで購入しても結局はuplayに登録しないといけないみたいだったから。
2度手間になりそうだったので今回はsteamは避けた。
おかげで5500円ぐらいした。失敗だ。uplayは高すぎる。

日本語化はものすごく簡単だった。
youtubeにやり方と日本語ファイルのアップ先を載せている人がいたから。